トップページへ > 田舎から都会に引越し
田舎から都会に引越し

私が大学に入る時に田舎から引越した時の話です。都内のアパートに引越したのですが、そのアパートを決めた理由は、何よりも駅から近く交通の便が良かったためでした。

下見をした際も、狭すぎず快適な部屋でしたし、最寄駅の騒音も気にならず、気にいった部屋でした。そして、アパートからは徒歩2分の踏切を渡れば最寄駅で、かつスーパーマーケットもある好条件は宣伝通りであり、即決でそのアパートに決めました。

ところが、住み始めてすぐに問題が生じました。私は毎日大学に向かうために8時に家を出なければならないのですが、その踏切は7時30分から踏切が閉まりっ放しになってしまうのです。いわゆる開かずの踏切というやつで、結局30分早起きして大学に向かわなければならなくなりました。対策のしようもありません。

少し寝過してしまうと、踏切に捕まってしまうので、2番目に近い駅まで10分かけて自転車で走るのですが、これでは駅近にアパートを決めた意味がありませんでした。

いまはもう別のところに引越しましたが、本当に凹んだ記憶があります。引越先の下見の際は、できるかぎりすべての時間帯の雰囲気を見れるようにすると良いと思います。

参考となる情報ガイド

Copyright © 2016 愛媛県の引越し業者 . All rights reserved